生活を豊かにする日本を代表する匠の技!

金属加工は生活に欠かせない!

今の日本の加工技術は進化して固い金属も簡単に加工することが可能になりました。でも、いざ注文するときにわからないことだらけで困ったという人も多いです。下記には基礎的なQ&Aを紹介していますよ!

いまさら聞けない金属加工の基礎質問!

一般の人でも加工を依頼できますか?

法人関係者が多いのは確かですが、今は依頼者も一般の人も増えてきているのも事実です。自分の趣味のため、サークル活動やイベントが目的で依頼するケースもあり、法人・一般関係ないので安心してください。

材料は依頼主が準備しないといけないのか?

そんなことはありません。材料はこちらで準備します。依頼を受けた時点で材料探しから始まるので、準備の負担を依頼主にかけることはありません。

正確な図面が必要ですか?

正直に言うと必要です。専門知識のある人が作る図なら大歓迎です。しかし、図に自信がなくてもしっかりサポートするので安心してください。ちゃんと希望通りのアイデアを叶えますよ。

注文数が1個だけど依頼可能ですか?

はい、大丈夫!と言いたいですが業者によってはできないところもあるので注意して依頼しましょう。でも多くの業者では1つから注文OKな場合があるので、色々な業者に確認して大まかな金額も聞いておいたほうが良いですよ。

溶接など依頼したら行ってくれる?

業者によってはできないところがあります。ただ、近隣の業者と提携を組んでいることもあるので、そこに依頼することも可能です。まずは相談からしましょう。

金属加工の依頼すると!

女の人

アイディアを図にする・打ち合せ

依頼するときには必ずアイデアを図にします。イメージを業者にもしてもらうために必ず必要な作業です。そのイメージを元に寸法や材質について打ち合わせします。また作成数や期限も決めましょう。

良いアイデアが思い浮かぶ方法!

良いアイデアが浮かぶ方法があれば教えて欲しいと願う人は多くいます。実際に、有名な科学者や発明家はアイデアを生み出す能力が高いというわけではありません。その方法は1つ。ダメなアイデアをどんどん出すことで、良いアイデアに近づきます。頭で考えるのではなく、箇条書きでもいいので思いついたアイデアを文章に残しましょう。すると何か良いひらめきが起きるかもしれません。図に描き起こす工程からスタートするので、理想が実現しやすいです。

気になる金額事情!

実際に依頼するときにかかる費用が一番気になることは間違いないでしょう。金額は各業者によって金額はかわるのでいくらとは言えませんが、注文数によって単価がかわることがあります。例えば、少ない注文で単価4000円だとしたら、100個注文したときの単価が1000円になることもあります。なので予算を決める前に先におおまかな金額を確認することも良いですよ。

加工できる素材について

業者によって異なりますが、主に鉄やアルミ、ステンレスや銅、真鍮。中にはチタンや金でも加工してくれる業者もあります。希望している素材で加工できるのかを確認することを忘れず依頼してください。

広告募集中